ジェイゾロフト 悲しくない

効果はあるが悲しい映画を見ても悲しくない(40代/男性)

体験談の要点:

 

●病状:パニック障害

 

●緊張や興奮、不安などはなくなった

 

●副作用は弱いが、頭の回転は鈍くなる

 

効果はあるが悲しい映画を見ても悲しくない(40代/男性)

40代の男性です。パニック障害を治すために処方してもらいました。実際にはジェイゾロフトといっしょにメイラックスという抗不安薬も処方されて、最初の2週間は併用するように医師から言われました。

 

効果に関しては、少しずつ薬の量を増やしたので、実感するようになったのは、1ヶ月後くらいからですが、日常生活での感情の起伏がなくなって、緊張したり、興奮したりしてパニックを起こすことがなくなりました。

 

緊張や興奮、不安などがなくなりましたが、この効果が強くなりすぎるとそのまま副作用になります。具体的には悲しい映画を見てもボーっとしてしまい涙が流れません。
また集中ができなくなるので、仕事や資格の勉強でものごとを暗記するのが非常に難しくなりました。とにかく頭の回転が鈍くなるので、記憶力や論理的な思考に関してはかなり衰えてしまいました。

 

この他の副作用としては、太陽が腕などにあたると湿疹が出て、非常にかゆくなることがあります。これはアレルギーかと思いましたが、パキシルを飲んだときも同じ症状が出たので、紫外線を浴びると副作用が出るのは確実だと思っています。

 

あと気になったのが、夏のものすごい量の汗です。汗に関してはパキシルのときも同じだったので、間違いなく副作用だと思います。
費用に関しては、他の薬との合算になりますが、毎月2千円程度です。しかしジェイゾロフトは徐々に薬の量を増やすので、最終的には3千円くらいまで上がったことを記憶しています。

 

同じSSRIのパキシルと比べると効き目が穏やかで、副作用も弱かった感じがしました。同じ効き目ならば、私の場合は、ジェイゾロフトの方が相性が良かったので、またいつか飲まなければならなくなったら、こちらの薬をもう一度飲みたいと思っています。

 

全体的には満足していましたが、薬を中止するときに、めまいや頭のしびれ、吐き気などが半年以上も続いたので、全ての人の生活の質を向上させるか、と聞かれれば答えはノーです。

 

また男性ならではの症状として、射精障害があります。パキシルのときも同じでしたが、ジェイゾロフトでも射精までの時間は遅くなります。
また性欲が低下するので、人生の楽しみが少なくなる感じがします。本を読んでも集中力が続かず、勉強もはかどらなかったので、資格試験を目指している人にはあまりおすすめできない薬だというのが正直な感想です。

ルストラル(ジェイゾロフトと同成分)の詳細・口コミはこちら

 

セルティマ(安価なジェネリック)の詳細・口コミはこちら