ジェイゾロフト 弱い

ジェイゾロフトは副作用も少なかったが効果も弱かった(50代/男性)

体験談の要点:

 

●病状:うつ病

 

●効果はあるが弱い

 

●副作用は激しくない

 

●費用は1日30円

 

ジェイゾロフトは副作用も少なかったが効果も弱かった(50代/男性)

50代の元会社員です。今もうつ病治療を続けています。
会社員をしていましたが40代から、昼夜を問わない激務に体力や気力がついて行かなくなりました。クライアントが海外の会社が多く、ネットやメールの発達で24時間息が抜けない様になりました。

 

会社が営業外の時間帯でも、ひっきりなしに仕事のメールが入ってきます。
あまり気にしてもきりがないのですが、翌日には誰にどのような業務を振り分けていくのか、私自身は
どう動くのかを考えておかなければなりません。
時には海外出張中の部下から深夜にメールで判断を仰がれることもありました。
海外相手に仕事をする会社ではこんなことは当たり前ですので頑張り続けていましたし、弱音を吐ける
相手もおりませんでした。

 

そのうちに眠れなくなって行きました。今までだったらアルコールの力で、眠れていたのですがそれが
難しくなりました。
徹夜仕事になったり、睡眠時間がまったく取れずに次の日を迎えたり、平均で3時間も眠れなかったと
思います。

 

そんな日が何年も続いていましたが、40代後半になってある日に、突然何もかもが嫌になり出社できなくなりました。生まれて初めて心療内科を訪れましたが、うつ病と診断されました。

 

直ちに会社は休職になり、長いうつ病治療の生活に入ったのです。
1週間ごとに心療内科に通い、次々と抗うつ薬を試していきました。
いま覚えているだけでも、トレドミン、トラフニール、ルボックス、テシプールと1種類ずつ試していきました。5番目に試したのがジェイゾロフトでSSRI系の薬でした。
今までの薬では副作用のせいか意識がもうろうとすることが多かったのですが、この薬はそれほど副作用が厳しくありません。

 

ただし、期待している気力を後押ししてもらえる活力みたいなものがもう一つ弱かったと思います。
25mg 1錠の服用でその他に睡眠薬を2種類服用していました。

 

ジェイゾロフトは25mgで100円ぐらいですが、保険の3割負担で30円ぐらいでしょうか。

 

もうろう感が少なかったので半年間、服用を続けていましたが、その後はパキシル、サインバルタと
変更して治療は続けていき、2年ぐらいの休職を経て、職場に復帰できました。

 

抗うつ薬の中には果たして効果があるのかどうかわからないものが多いのですか、いま思い返してみると
ジェイゾロフト服用期間の半年は、それなりに精神の休息期間として、意味があったと思います。
ただ、復帰しましたが、2年近く経って仕事がまた厳しさを増したことから、最後には会社を辞めました。
今も薬を完全に止めることができずに続けています。
便秘の副作用がきついので、もう一度ジェイゾロフトを試してみようかと考えています。

ルストラル(ジェイゾロフトと同成分)の詳細・口コミはこちら

 

セルティマ(安価なジェネリック)の詳細・口コミはこちら