ジェイゾロフト オーバードーズ

オーバードーズしても死にませんでした(30代/女性)

体験談の要点:

 

●病状:うつ病

 

●効果はないことない

 

●副作用は小さい

 

オーバードーズしても死にませんでした(30代/女性)

30歳女性、心療内科通院歴7年。
高校時代より鬱の症状を抱えており、自殺願望があり自傷行為を繰り返していました。
大学卒業後の就職活動の失敗により、それらの症状が一層酷くなったため心療内科を受診しました。
双極性障害と診断され、加えて不眠と自傷行為が辞められないためラミクタールとルネスタと一緒に服用しています。
頓服として、時にデパスも併用しています。

 

当初は別の薬を服用しておりましたが、幻覚による錯乱で泣きわめく等の副作用が酷かったため、いくつか試した結果、一番副作用が少なかったジェイゾロフトに落ち着きました。

 

身体が薬に慣れるまでの数日間は胃がムカムカとして、軽い吐き気を催すこともありましたが、実際に嘔吐する事はなく軽い副作用で済んだので助かりました。
元から便秘症な体質ですが、薬の服用を始めてからより酷くなったような気がするので、便秘も副作用の一つなのかもしれません。

 

ですが、他の薬に悩まされた幻覚や不眠、嘔吐の症状が出ない薬です。
睡眠薬のルネスタとの飲み合わせも割と良いと感じています。

 

副作用の少ない薬なので、強い薬ではないのかなという印象もあります。
双極性障害を直接治療するための薬と言うよりは、不安発作を抑えるためのプラスアルファの役割として処方されているため、ジェイゾロフトだけを飲んでもイマイチ効果がないような気がします。

 

オーバードーズを繰り返していた頃に、ジェイゾロフト二週間分を一気に飲んでも翌日は多少ふらふらして眠い程度で済んだので、そういったリスクが少ないのかもしれません。
処方されたタイミングも自殺未遂を図った後だったのですが、それ以来直接命に別状のあるような行動を起こすことが減ったので、自分には合っているのではないかと思います。
また、自殺未遂や自傷行為を図るのは月経前が多かったため、もしかすると月経前症候群に効果があったのかもしれません。

 

ここ1年ほどは症状がだいぶ落ち着いてきたため、次ぎに減らす薬はおそらくジェイゾロフトだと思います。
値段はあまり気にしていないのですが、出来るだけ薬の量を減らしたいので、このままさよなら出来たらいいなとは思います。
ですが私の処方されている薬の中でも、ジェイゾロフトは調子の良いときにはやめて、調子が悪いときには復活してを繰り返している薬なので、またお世話になる日が来るかもしれません。

 

ルストラル(ジェイゾロフトと同成分)の詳細・口コミはこちら

 

セルティマ(安価なジェネリック)の詳細・口コミはこちら